雨漏りが発生した、その考えられる理由とは

category01

雨漏りが発生した場合、考えられる理由は様々あります。


まずは経年による劣化です。

MBSニュースの新しい魅力を紹介します。

たとえば屋根材が劣化して雨漏りが発生したとか、外壁塗装が剥がれてきたことによって発生したと言うことなどが考えられます。



屋根や外壁は、家が建てられた時から常に外にさらされ続けている部分です。



よってどうしても経年によって劣化は発生してしまい、そのダメージが蓄積されていくとこのようなトラブルが発生すると言うことです。
こうした劣化は、放置しておいても自然に修理されていくと言うものではありません。

むしろどんどんと状態としては酷くなっていく一方です。


よって早めの対策が必要です。

それから、暴風雨、豪雨など、特殊な天候も原因になり得ます。

これは、こうした特殊な天候により、屋根瓦がずれたり、ひび割れてしまったりすることで雨漏りが発生すると言うケースです。

また雨どいに雨と共にゴミがたくさんたまり、行き場を失った雨水が少しずつ、屋根の下地を侵食していって、やがては住宅内に漏れてくると言うことも考えられます。

暴風雨や豪雨などに見舞われた後には、一度は住宅に異常がないか、雨どいにゴミはたまっていないかなどを確認して、異常が見られた場合には速やかに対策をとることが求められます。


そして、構造上の欠陥も雨漏りを発生させる原因のひとつです。

これは、いわゆる手抜き工事や欠陥工事などが行われていたと考えることができます。自分が住んでいる住宅がそのような住宅だと思いたくないのは、誰もが同じです。
しかし現実に、このようなケースは発生しているわけですから、あまりにも頻繁に雨漏りが起きていると言う場合には、一度、専門家に点検をしてもらうのが望ましいです。

予備知識

category02

雨漏りが発生したときは、いくつかの原因を同時進行で推測しながら、工務店に連絡しましょう。工務店もしくはリフォーム施工業者に実際に見てもらうのが一番なのですが、必ずしも原因を特定できるとは限りません。...

subpage

生活の秘密

category02

雨漏りが発生したら、まずは室内の家具が濡れないようにしましょう。簡易式にバケツを水滴の落下地点に設置して、水を受けます。...

subpage

生活入門

category03

雨漏りは「屋根がどこか傷んで雨が漏れているのかな」という認識があるかもしれません。しかし雨漏りがする場所は屋根からではなく、住宅の外壁ということもあり得ます。...

subpage

知りたい情報

category04

雨が降った際に天井から水滴が落ちてくると言う現象は、雨漏りで発生し得る現象の中でも最もわかりやすい現象です。ただ雨漏りの程度や頻度によっては、必ずしもこのようなわかりやすい現象が発生するとは限りません。...

subpage