こんな現象が見られたら雨漏りを疑おう

雨が降った際に天井から水滴が落ちてくると言う現象は、雨漏りで発生し得る現象の中でも最もわかりやすい現象です。


ただ雨漏りの程度や頻度によっては、必ずしもこのようなわかりやすい現象が発生するとは限りません。


一見して雨漏りと無関係そうな現象でも、それが雨漏りを原因として起こっている現象の場合もあります。
そうした現象を発見した場合は、速やかに対処をとる必要がありますから、どのような現象が起こり得るのかを知っておくことは、非常に重要なことです。
では、どのような現象が見られるかと言うと、まず屋根や屋上です。
これは屋根や屋上に膨らみや亀裂が見られた場合には、疑いが必要です。

これは実際に雨水が真に有していることで防水層が膨張していたり、膨張と収縮を繰り返していることで亀裂が発生していると考えることができるためです。



また屋上において防水層の剥がれが見られる場合にも要注意です。
雨水を排水するためのドレンが詰まっている場合も同様です。
このような現象が発生している場合、そのまま放置していると、住宅内に対しても様々な現象が見られるようになります。

たとえば天井のクロス部分にシミが発生したり、照明器具の周囲にシミが見られると言った現象です。

こだわりの雨漏り保険情報サイトを活用しましょう。

カビが発生していると言う場合は、これらの現象がかなり進行していることも考えられます。


それから外壁です。

外壁に亀裂が見られる場合、高い確率で雨漏りが発生していることが疑われます。
また塗装が剥がれている場合も同様ですから、これらが見られた場合には速やかに点検を受けることが求められます。

MBSニュースに関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。